インドETFとは?

インド通貨はルピー。1991年以来のIT産業の発展が牽引しています。

先にあったインドルピーの暴騰は記憶に新しいですが、今、インド通貨連動型上場投信が登場しています。

一時の新興国通貨へのブームが去った今でも、インドは確実に力をつけています。

これからがインド通貨連動型上場投信の動向が気になるところです。

新興国通貨の牽引役としても、インド通貨連動型上場投信には期待が持てます。

ETFということで、投資額も少額からできますし、リスク軽減もインド通貨連動型上場投信なら可能でしょう。

これからのインドへの投資は、インド通貨連動型上場投信、ですね。




kaigaietf at 06:26|PermalinkComments(32)TrackBack(0)clip!
ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

インド株ETFの『ETF』とは、『Exchange Traded Fund』の略称で、証券取引所に上場している投資信託のことで、日本での正式名称は『株価指数連動型上場投資信託』と言います。一般には「上場投信」と呼ばれています。

これまでは、日本からのインド株式市場への投資手段は、投資信託やADRに限られていましたが、ユナイテッドワールド証券が、2007年1月17日より、香港証券取引所上場(2006年11月2日)のインド株ETF『iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー』の取り扱いを開始したことにより、投資家に多様な投資環境の提供が可能になりました。

このインド株ETF『iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー』は小額からの投資が可能、保有コスト(信託報酬)が割安で、香港証券取引所上場の他の株式と同様の取引が可能です。

外国人投資家はインドの証券へ直接投資をすることができないため、インド株ETF『iシェアーズ BSE SENSEX インディア・トラッカー』は、インド株式に連動する証券(ワラント、参加証書預り証などの米ドル建てのインドのアクセス金融商品)に投資することにより、ルピーで表示されるBSE Sensitive指数に連動することを目的に運用されます。

インド株ETF等の『ETF』は、少額からはじめることができ、価格水準や値動きもわかりやすく、手数料も安いので、初心者に向いているかも知れません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m


kaigaietf at 07:03|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!
ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

インドETFの『ETF』とは、『Exchange Traded Fund』の略称で、証券取引所に上場している投資信託のことで、日本での正式名称は『株価指数連動型上場投資信託』と言います。一般には「上場投信」と呼ばれています。

これまでは、日本からのインド株式市場への投資手段は、投資信託やADRに限られていましたが、ユナイテッドワールド証券が、2007年1月17日より、香港証券取引所上場(2006年11月2日)のインドETF『iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー』の取り扱いを開始したことにより、投資家に多様な投資環境の提供が可能になりました。

このインドETF『iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー』は小額からの投資が可能、保有コスト(信託報酬)が割安で、香港証券取引所上場の他の株式と同様の取引が可能です。

外国人投資家はインドの証券へ直接投資をすることができないため、インドETF『iシェアーズ BSE SENSEX インディア・トラッカー』は、インド株式に連動する証券(ワラント、参加証書預り証などの米ドル建てのインドのアクセス金融商品)に投資することにより、ルピーで表示されるBSE Sensitive指数に連動することを目的に運用されます。

インドETF等の『ETF』は、少額からはじめることができ、価格水準や値動きもわかりやすく、手数料も安いので、初心者に向いているかも知れません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m


kaigaietf at 10:30|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!