金ETFの上場について

金のETFといえば、SPDRゴールドシェアETFです。

これは、ロンドンの金地金価格に連動することを目指すETFで、2008年6月に東証に上場しました。

SPDRゴールドシェアETFは、金融不安の中において金投資ということで、安定した人気があります。

一口から購入ができるSPDRゴールドシェアETFは9000円ほどとなってますから、気軽に参加することができます。

SPDRゴールドシェアETFのチャートも比較的いい感じですから、少しづつ購入するドルコスト法で購入をすると、リスク軽減にもなり、純金積立をしている感覚でSPDRゴールドシェアETFを楽しめます。



kaigaietf at 07:42|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!
ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

金ETF上場の『金ETF』とは、金の価格に連動するETF(株価指数連動型上場投資信託)で、正式名所を『金価格連動型上場投資信託』と言います。

金ETF上場の『上場』とは、証券取引所で売買できるようにすることをいい、この上場には審査の基準により1部と2部があります。

日本では、2007年8月10日に、株式会社大阪証券取引所(大証)で金ETF上場がされ、誰でも売買できるようになりました。

つまり『金ETF上場』とは、金価格連動型上場投資信託(金ETF)が証券取引所で売買できるようになったことを意味します。

金ETF上場は、金地金(現物)のみで運用する投資信託を有価証券化して証券取引所に上場したもので、各投資家の購入額に応じて、金ETFの設定会社が現物の金を保管し、万一取扱会社が破綻したとしても保護される仕組みになっています。

金は株式や債券との関連性が比較的低いといわれているので、金ETFはリスクの分散にはよい投資信託です。

金ETFは投資信託なので、運用はプロに任せることになりますが、少額からはじめることができ信託報酬も安いので、初心者に向いているかもしれません。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m


kaigaietf at 07:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!